作業者

瓦礫選別は専門業者にお任せ|利用するメリットとは

再利用をするために

解体工事

建物の解体現場などで出てくる瓦礫の一部は、リサイクルにより再利用が可能となります。資源や経費の節約につながるため、多くの人が業者に瓦礫選別を依頼しています。手作業での選別は危険を伴うので、専用の機器を所有している業者に任せる必要があります。特に撹拌翼のあるドラムを使用すると、効率良く選別できます。

効率的に作業をする方法

廃品

廃棄物処理で困るのが分別のことです。瓦礫に金属やガラスや陶器類などあらゆるごみが混在していると人力で分別するには、人数と時間がかかってしまうのです。そんなときはベルトコンベアーや篩などの機械を使うと、効率的に瓦礫選別を行うことができます。機械は、買取の他にもレンタルすることができます。

瓦礫を選別する方法

重機

解体作業等を行う場合に大量の瓦礫が発生すると、産業廃棄物として廃棄する際に瓦礫選別を行う必要があります。自分で瓦礫選別を行う場合には、回転式のものや振動式のものがあるので、対象となる瓦礫の種類によって機械を選ぶ必要があります。

解体工事で出る瓦礫の処理

産業廃棄物

瓦礫は種類毎に選別

解体工事を行うと必ず発生してしまうのが瓦礫ですが、この際には必ず瓦礫選別を実施しなくてはなりません。その理由は瓦礫の中に含まれる有害物質の除去と、それぞれ必要な処理を施すためです。瓦礫選別の方法は大きく分けて二つあり、業者に引き取ってもらうか機械を導入して自社で選別するかとなっています。そちらを選ぶかは解体工事を行う業者の規模により、中小企業であれば外部照射に委託して、大手であれば自社で選別するべきでしょう。業者任せにする場合はそのまま引き取ってもらえるので気楽ですが、自社で処理する場合には相応の人手とコストがかかります。瓦礫選別をする機械設備は振動を与えてふるいにかけるという単純な物となっているので、運用するのにそこまで専門的な知識と経験は不要です。ふるいにかけて大きさ毎に分けることで、それぞれ大雑把に瓦礫選別をしていくことが可能となっています。瓦礫選別用のふるい機は最近レンタルサービスも活発に行われているので、解体工事を頻繁に行わなくても利用することは可能です。レンタルを活用することによって、外部業者に依存することなく解体工事から瓦礫の処分までスマートに実施できるようになります。購入とレンタルサービスを上手く使い分けて、自社にとって効率のいい瓦礫選別を行っていきましょう。ふるい機は簡易な瓦礫選別しか行えないので、有害物質を含む瓦礫の場合は、無理に自社でやろうとしてはいけません。その場合は専門業者にそのまま引き取ってもらうようにしましょう。

イチオシサイト

  • 有限会社林製作所

    瓦礫選別なら、中古で必要なものをゲットすることが可能になっています。費用を抑えて揃えることができますよ。