作業員

瓦礫選別は専門業者にお任せ|利用するメリットとは

瓦礫を選別する方法

重機

瓦礫の種類で機械を選ぶ

土木作業や解体作業を行う場合、また、災害復旧の時にはたくさんの瓦礫が発生します。これらの瓦礫は産業廃棄物として廃棄されますが、処理をしやすくするために瓦礫選別を行う必要があります。瓦礫の中にはリサイクル可能なものもあり、それを大小にわけるために瓦礫選別を行うのです。たまたま瓦礫選別が必要になるようなことが発生した場合には、専門の業者を利用することになりますが、頻繁に瓦礫が出てくるような事業を行う場合には、自分で瓦礫選別の機械を購入した方がコスト的には効率が良くなります。長期間使用するのであれば新品を購入することになりますし、コストを抑える必要があるのであれば、中古品を購入する方法もあります。また、どの程度の使用になるかわからないのであれば、レンタル品を借りる方法もあります。その場合には、将来的にその機械を購入することもできます。瓦礫選別のための機械には、大きく分けて回転式と振動式の二種類があります。円筒形状に選別する網がついて回転し、その回転によって瓦礫選別を行う方法と、網のついた長方形の振動体を振動させて、瓦礫を大小に選別する方法です。大量に瓦礫を選別する場合には回転式が向いていますが、砂や泥が目詰まりを起こしやすいので、そのような瓦礫の場合は向いていません。振動式は綿密な選別が行われる分だけ少なめのものの選別に向いています。選別する瓦礫の種類によって、どちらを使用するかを検討することになります。