作業員

瓦礫選別は専門業者にお任せ|利用するメリットとは

再利用をするために

解体工事

安全に効率良く

建物は、解体または地震などの災害により、瓦礫と化します。しかし瓦礫の中には、リサイクルによって再利用が可能になるものもあります。そのため現在では、多くの解体現場や被災地で、積極的に瓦礫選別が進められています。限りある天然資源を大切にするためにも、そして再生資源の使用により経費を節減するためにも、瓦礫選別は有効な手段と言えるのです。瓦礫には具体的には、コンクリートやガラス、スレートなどがあります。これらはある程度の大きさがあれば、目視で選別することが可能ですが、破片になっている場合は、手作業での選別は困難です。特にスレートはアスベストを含んでいることがあり、この粉塵が舞うと、作業員はもちろん周辺住民も、呼吸器に悪影響を受ける可能性があります。そのため瓦礫選別は、専用の機器を使用して行う業者に任せることが肝心とされています。現在使われている瓦礫選別用の機器は、多くは回転式のものとなっています。様々な瓦礫をまとめてドラムに入れて回転させることで、遠心力や振動で瓦礫が素材ごとに選別されるという仕組みです。ドラムには、円形のものや六角形のもの、内部に撹拌翼があるものやないものなど、種類が複数あります。その中でも特に効率の良い瓦礫選別ができることから注目されているのは、撹拌翼がついているドラムです。内部で選別と撹拌とが繰り返されるため、最終的に瓦礫は素材ごとにきれいに分かれることになるのです。そのためこれを所有している業者は、特によく選ばれています。